2019年「3」の年

和暦(太陰太陽暦)での元日、おめでとうございます㊗

古来の元日は太陽と月と地球が並ぶとき。

🌞-🌑-🌏

すなわち、新月(朔)から新年が始まります。

2017年は「1」の年。
2018年は「2」の年。
2019年は「3」の年。

”本来の自分で生きる” というキーワードのもと、

2017年「1」の年は、スタートした年。

どうなるか全くわからない、でもやりたい、
外から見えようとみえまいと、認められようが認められまいが、
挑戦し始めたこと。

それを受けて、

2018年「2」の年は、2017年でスタートしたことへのリアクション(反射)を得た年。

それは、手ごたえと感じたかもしれないし、落差と感じたかもしれないし、
手放しさせられたかもしれないし、調整を余儀なくされたかもしれない。

理想と現実、男性性と女性性、オフィシャル(社会性)とプライベート、自分と他者など、それらの間に大きな矛盾や葛藤を感じた1年だったかもしれません。

どう在りたいのか、どう生きたいのか、
何度も何度も試されるなかで、自身のバランスポイントを模索する。

それらは、言い替えると、
自分にとって受け入れ難い要素、また、刷り込まれた価値観、盲点に氣づき、それらを統合、調和し、自身をバージョンアップしてきたということです。

「1」と「2」からもたらされた対極の視点を携え、

2019年「3」の年で、2017年に始めた挑戦をより本格的に始動していく。

「1」と「2」の動きがあって初めて「3」は認識できます。

2017年、2018年を振り返ってみると、見えてくるものがあるかもしれません。


もし、

振り返って、今の自分の状況について感情の揺れを感じるときは、
今の自分の状況を『結果』としてみるのでなく、『原因』としてみてみてください。 

私たちは、今の状況や出来事に対して、それを何かの『結果』として捉えます。
それは当たり前のようですが…
それは生まれてから刷り込まれてきたひとつのものの見方です。

思うような『結果』を得られていないと考えるときに、「努力が足りないんだ」「もっと努力しておけばよかった」と思う人は多いはずです。

2017年「1」の年、2018年「2」の年、生きてきた自分がいたから、2019年「3」の年に新たな方向性、在り方が生まれるんです。
2019年「3」の年が、本格始動なんです。

今の時点では、この状況がつらく悲しい絶望的なものかもしれない、これまでの『結果』であるとしか思えないかもしれない。

でも、それを『原因』としてみることで、それを出発点にできるのです。
この出発点『原因』が、後に起こるいろいろな『結果』を生じさせることができるのです。